大規模リフォーム | 大阪でリフォームをお考えなら、大阪市西区の関西建設工業へ。

大規模リフォーム

「大規模リフォーム」は「建替え新築」とどう違うの?

近頃よく話題になる「大規模リフォーム」。
言葉はよく聞くんだけど、どういう意味かよく分からない、という方が意外にたくさんいらっしゃるのです。
ここでは、「大規模リフォーム」とはどのようなものか、建替え新築とはどのような違いがあるのかご説明します。

建替え新築との違い

建替え新築とは

建替え新築とは元の建物を全て解体して一度更地にし、そこへ全く新しい設計の建物を建てる事を言います。建替え新築の場合、必ず新たに建築確認申請を行わなければなりません。都市計画法や建築基準法は何度も改定されるため、元の建物を建てた際には法的に問題なかったものが、建て替え時には不適格になることがあります。

大規模リフォームとは

大規模リフォームとは基礎や柱を元のまま残し、それらを基に新しく作り直すことを言います。大規模リフォームはどの程度の規模で行うのかにもよりますが、元の建物を建てた際の法令が適用される場合がありますので、建替えだとNGになることも、大規模リフォームであればOKといったことも起こり得るのです。(※増築、減築など間取りを変更する場合は建築確認申請が必要になる場合があります) 大規模リフォームでは基礎や大切な柱を残すため、現在の耐震構造と比べると不安な部分が出てくる場合もあります。そういった古い建物の場合、建替え新築を選択するほうが結果的に安く上がるかもしれません。

大規模リフォームのメリット・デメリット

メリット

  • 建替え新築に比べ、安い費用で済む
  • 建替え新築に比べ、工事期間が短くて済む
  • 上手に施工すれば、住みながら工事ができる。
  • 建築確認申請などを行う必要がない場合が多い
  • 固定資産税が上がらない場合が多い

デメリット

  • 耐震性が弱い場合がある(特に1981年以前の建物)
  • 基礎などで大きな不具合が発見される可能性がある
  • 資産価値が上がらない可能性がある
  • 住宅ローンが新築より不利になる
  • 新築の優遇税制などが適用されない

このページの先頭へ

全面改修工事

戸建て 施工事例 一覧へ

リフォーム事例

マンション 施工事例 一覧へ  

リフォーム事例

このページの先頭へ

大阪でリフォームをお考えなら、大阪市西区の関西建設工業へ。

関西建設工業株式会社

大阪市西区南堀江4-16-15 関西Rビル1F

大阪市阿倍野区文の里1-2-3

お電話でのお問い合わせ0120-3510-43

メールでのお問い合わせ 無料相談

給湯器の交換のご案内

住宅リフォーム施工事例はこちら

リフォームの客様の声

安心リフォームの流れ

リフォームのポイント

リフォームの採用・求人情報

関西建設工業について

関西建設工業株式会社

お電話でのお問い合わせ0120-3510-43

本社
大阪市西区南堀江4-16-15
関西Rビル1F
TEL(06)6536-2232
FAX(06)6536-5755
阿倍野営業所
大阪市阿倍野区文の里1-2-3