耐震リフォーム | 大阪でリフォームをお考えなら、大阪市西区の関西建設工業へ。

耐震リフォーム

いつ起こるかわからない地震だから ― 大切な住まいと家族を守るリフォーム

良い住宅とは住めば住むほど思い出が作られ、愛着が沸いてくるものです。
しかし同時に、時間が経てばそれだけ住宅は弱っていきます。
人ならば、多少の怪我は時間が経てば自然治癒しますが、住宅だとそうはいきません。
目に見える・見えないに関係なく、一度生まれた傷は放っておいても良くなることは絶対にありません。それどころか、新たなダメージの原因になることもあります。
長く住んだ住宅はどれだけ丁寧に扱っていようとも、雨風にさらされて、時と共に少しずつ強度が弱まってしまいます。
また1981年に耐震による基準が強化されており、それ以前に建築された建物はそれ以後のものと比べて、耐震性は大きく下がってしまいます。
他にも、住宅の耐震性を計るにはたくさんの要素があります。

大切な住まいと家族を守るリフォームイメージ

  • 地震により建物へかかる負担は、木造の場合だと壁が多くを引き受けることになるために、規則にて必要な壁数が設けられています。
  • 建物そのものに問題がなくとも、地盤が弱いと通常とはまた違った施工での耐震が必要になることがあります。
  • 地震による横の動きは、水平構面に作られた床が分散させる役割を持っていますが、剛性が不足していると他の部分に悪影響を及ぼす恐れがあります。
  • 地震が建物へ与える衝撃は、その建物の重量に比例します。
    つまり建物を軽く作ることが建物の耐久性アップにつながります。

地震等の自然災害はいつ起きるかわからないものです。
もし突然大きな地震がやってきたら……そう想像して「我が家なら問題ない」と確信を持っておられる方は、どのくらいいるのでしょうか。

  • 「地震が来たとき、私の家は本当に大丈夫?」
  • 「耐震リフォームはどれくらいお金がかかるの?」
  • 「耐震リフォームをして、本当に効果があるの?」

実際に耐震リフォームを検討するとなると、多くの疑問や不安が出てこられると思います。
耐震に関わらず、リフォームはいくつもの工程が重なり初めて完成します。

お住まいの耐震性が気になる方は、まずはお気軽に一度ご相談ください。

このページの先頭へ

大阪でリフォームをお考えなら、大阪市西区の関西建設工業へ。

関西建設工業株式会社

大阪市西区南堀江4-16-15 関西Rビル1F

大阪市阿倍野区文の里1-2-3

お電話でのお問い合わせ0120-3510-43

メールでのお問い合わせ 無料相談

給湯器の交換のご案内

住宅リフォーム施工事例はこちら

リフォームの客様の声

安心リフォームの流れ

リフォームのポイント

リフォームの採用・求人情報

関西建設工業について

関西建設工業株式会社

お電話でのお問い合わせ0120-3510-43

本社
大阪市西区南堀江4-16-15
関西Rビル1F
TEL(06)6536-2232
FAX(06)6536-5755
阿倍野営業所
大阪市阿倍野区文の里1-2-3